auの電子書籍ストア『ブックパス』の危険性、評判、評価について

B98U3TIFDJ

ブックパスはKDDI株式会社が運営している電子書籍ストア。私の場合、iPhoneを購入した際、ショップの人の勧めでブックパスに加入したことがありました。

スマートフォンだけでなく、PCからも読めるのはGOOD!

期間限定で読める漫画も沢山ありますが、サービスを利用する条件として必ずauIDでログインする必要があります。

auIDを取得するには、auの端末を持っているか、auの固定インターネットサービスや固定電話サービスに加入している必要があるので、前提として利用できる人が限られてしまうのが難点です。

この記事では、ブックパスの危険性、評判、評価について詳しくまとめていきます。auの端末を持っている方で、電子書籍サイトをお探しの方は是非最後まで目を通してみてください。

ブックパスの危険性

まずは危険性の調査結果を紹介していきます。

運営元がしっかりしている

詳しい会社概要は以下の通りです。

社名 KDDI株式会社
所在地 東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー
設立 1984年6月1日 
資本金 141,851百万円
従業員数(社員) 28,172人 (連結ベース)
代表取締役 田中 孝司

ブックパスは、言わずと知れたKDDI株式会社が運営しているサイトですので危険性は一切ありません。

具体的には以下の4つが安全性を示す上で重要だと考えています。

  1. 資本金が1億円超
  2. 設立から30年以上の実績
  3. 数え切れないほどのグループ会社を運営
  4. 上場企業である

世界的に見てもこれほど大きな会社はそうそうありません。これらのことから、KDDIが提供しているサービスは絶対的な安定性があり、安心して利用できることが分かります。

ブックパスに関してはまだまだ新しいサービスですが、2016年4月にリニューアルが行われたり、頻繁にキャンペーンを行っていることから、現在進行形で力を入れているサービスなのは確かです。

セキュリティについて

無題

多くの携帯電話、スマートフォンを輩出しているKDDIですから、言うまでもなくセキュリティ面に問題はありません。

さらにブックパスの全てのページは、SSLによって保護されていますので、第3者に個人情報が洩れることもありません。

SSLはメールアドレス、電話番号、暗証番号など、個人情報を送受信する際に暗号化してくれるシステム。

通常は、会員登録ページ、ログインページ、会員情報変更ページなど、個人情報の入力が必要なページのみ保護されていることが多いですが、KDDIのような誰もが知っている大企業だと全てのページが保護されていることもあります。

SSLが導入されているかどうか見極める方法は簡単で、GoogleChromeであれば、URLの最初が『https』から始まっており、httpsの文字が緑色、最初に南京錠のアイコンが付いていれば取得済み。

反対に、これらの要件を満たしていない場合は取得が不完全ということになります。

登録情報について

ブックパスを利用するには事前にauIDを取得している必要があります。

取得方法によって入力項目は変わってきますが、au電話番号、お客様コード、暗証番号、パスワード、セルフID、セルフ、などが必要になります。

auのスマートフォン、タブレット、auケータイを持っていてEZwebに加入していれば、au電話番号と暗証番号だけで取得することが出来ます。

SMS(Cメール)を用いた本人確認が行われます。

EZweb未加入の場合は、追加でお客様コードが必要になります。SMSを用いた本人確認は、メールアドレスを変更したり、迷惑メールの設定をする際にも行われます。

また、電話番号、暗証番号の入力画面はSSLによって保護されていますので、入力した情報が第3者へと知れ渡ることはありません。

個人情報が洩れてしまったらKDDIの信用問題に関わりますからね。

年齢制限について

年齢制限については確認することが出来ませんでしたが、念のため未成年の方は、事前に保護者の同意を得てから利用するようにしてください。

ログインするだけで無料で利用できるサービスもありますが、ログインさえ出来ればお金がかかる有料サービスに加入出来てしまいます。

また有料サービスに入会したとしても、年齢が18歳未満の方は、auの年齢制限機能によって特定のコンテンツの表示が制限されます。

未成年の方がアダルトな内容の漫画を見ないように対策しているということは、健全なサービスを提供している何よりの証拠です。

子供に電子書籍が欲しい!と言われたら、ブックパスをおススメしておけば間違いが起こることはないでしょう。

ブックパスに満足いかず他のサイトを使われる恐れはありますが。

料金体系について

2016年4月からポイント制度がリニューアルされるため、2016年以前と以降のサービスを両方紹介します。

以前はブックパスを利用するのに必ず月額コースに加入している必要がありましたが、リニューアル後は、月額コースに加入しなくてもコインが購入可能になります。(以前はコインでなくポイントでしたが、一緒です)

つまり月額コースに加入しなくても有料サービスが利用できるようになります♪

また、月額コースの料金体系に関しては微妙にテコ入れがされました。詳しくは以下のテーブルを参考にしてください。

リニューアル前
プラン 価格 付与ポイント 初月ボーナスポイント 2カ月目以降ボーナスポイント
月額300 300円 300pt 0pt 30pt
月額500 500円 500pt 0pt 50pt
月額1000 1,000円 1,000pt 100pt 150pt
月額2000 2,000円 2,000pt 200pt 300pt
月額5000 5,000円 5,000pt 500pt 750pt
リニューアル後
プラン 価格 付与コイン 初月ボーナスコイン 2カ月目以降ボーナスコイン
月額500 500円 500coin 25coin 25coin
月額1000 1,000円 1,000coin 80coin 80coin
月額2000 2,000円 2,000coin 200coin 200coin
月額5000 2,000円 5,000coin 750coin 750coin
月額9800 9,800円 9,800coin 2,000coin 2,000coin

新しく実装されるコインの料金体系に関しては、以下のテーブルを参考にしてください。

リニューアル前
プラン 価格 付与ポイント ボーナスポイント
プラス300 300円 300pt 0pt
プラス500 500円 500pt 0pt
プラス1000 1,000円 1,000pt 0pt
プラス2000 2,000円 2,000pt 0pt
プラス5000 5,000円 5,000pt 0pt
リニューアル後
プラン 価格 付与コイン ボーナスコイン
プラス100 100円 100coin 0coin
プラス300 300円 300coin 0coin
プラス500 500円 500coin 0coin
プラス1000 1,000円 1,000coin 0coin
プラス2000 2,000円 2,000coin 100coin
プラス5000 5,000円 5,000coin 500coin
プラス9800 9,800円 9,800coin 1,500coin

9800円コース、プラス100、プラス9800が追加され、以前よりグッと使いやすくなりました。

こういったリニューアルが行われるとどこかしら気に食わない部分が出てくるのですが、ボーナスコインが増量したり、プランが充実したり、利用者にとって良いことしかありません。

本当にこんなに利用者に還元していいの?と心配になるくらいの変わりようです。

読み放題会員、アラカルト会員の方には残念なお知らせがあります。リニューアルに伴い、読み放題会員では購入金額の8%、アラカルト会員は購入金額の3%のポイントが還元されていましたが、制度変更に伴い廃止となってしまいます。

その代りといってはなんですが、2016年4月~2016年5月31日にアラカルト購入された方で、2016年6月1日で読み放題会員の方は100コインがプレゼントされます♪

全て良し!とまではいきませんでしたが、大盤振る舞いであることには間違いありません。ブックパスを利用するならリニューアル後ですね^^

すぐ退会ができる

無題

ブックパス(読み放題プラン)を解約するには、マイページ内、トップページ最下部にある『読み放題プラン退会』から手続きを進めることが出来ます。

月額コース、読み放題プランを解約したり、読み放題プランに入会する時は全てマイページから行えることを覚えておきましょう。これだけで余計な時間を使わずに済みます♪

各ページを確認して、読み放題プランの場合は、現在入会されておりません。月額コースの場合は、現在月額コースは登録されておりません。と表示されいれば、全ての有料サービスが解約されていると判断できます^^

ブックパスの評判、評価について

ここではブックパスの評判、評価を紹介していきます。

ポイントサイトを併用するとお得に利用できる

漫画は読みたいけど、出来ればお金を払わずに利用したい。そんな人におススメなのがポイントサイトを併用する方法です。

さすがにお金を払わず利用する方法はありませんが、お金をリスク0で手に入れる方法ならあります。ポイントサイトで獲得できるのはポイントですが、貯めたポイントを現金や電子マネーに交換することが出来るのです。

例えば、、

  • 資料請求したり
  • 無料会員登録をしたり
  • クレジットカードを発行したり
  • アンケートに答えたり
  • ゲームで遊んだり
  • 友達を紹介したり
  • 記事を作成したり

これらのことを継続して行うだけでどんどんポイントが貯まっていきます。中にはサイトの無料会員登録をするだけで1,000円以上稼げる案件もあります。

クレジットカード発行はあまりしたくない。と思っている方も安心してください。

年会費、入会費が無料で発行できるカードも沢山あります。しかもそれだけで1万円以上稼げる案件がゴロゴロ転がっています。

ゲームは貰えるポイントが少なくなりますが、普通ゲームで遊ぶだけでお金が貰えることはないですよね。むしろ遊ぶ方が支払うのが当然なので、遊びながら副収入を得たい方にもおススメです♪

私がおススメしているポイントサイトは、ポイントタウンとハピタス。会員数100万人以上の確かな実績がありますので、安心して利用してください。

★以下のバナーから『ポイントタウン』に登録すると500ポイントプレゼントされます♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

★以下のバナーからハピタスに登録すると30ポイントがプレゼントされます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ブックパスは2016年4月1日からリニューアル

これまでも何度も触れてきましたが、ブックパスは2016年4月1日にリニューアルされます。リニューアルで変更される点は以下の通りです。

  • ポイントからコインに変更(レートなどは全て同じ)
  • ポイントの名称がブックコインに変更
  • 月額コースに加入しなくても個別でコインを購入することが可能になる
  • 料金体系で月額9800、プラス9800、プラス100が新設、月額300が廃止
  • 購入時のポイントバックが終了する
  • 購入した書籍の再生方式が選べるようになる
  • 読み放題作品の配信期間終了後も再生可能となる
  • Androidのみ読み放題作品が再生できなくなる(2016年9月30日付)

結構・・・変ります。基本的に良いこと尽くめですが、ポイントバックがなくなったり、読み放題作品が再生できなくなるのは残念ですね。

ただ、読み放題プランがなくなる訳ではないので、再度ダウンロードし直せば問題ありません。

以前は読み放題であっても配信期間が終了した作品は再生できなくなってしまいましたが、これも改良されPCでのブラウザ再生以外は、配信期間終了後も引き続き再生が出来るようになりました^^

読み放題配信期間終了後の再生については以下のテーブルをご覧ください。

変更前
端末\再生方式 ダウンロード ブラウザ
Android 可能 不可
iOS 不可
PC 不可
変更前
端末\再生方式 ダウンロード ブラウザ
Android 可能 可能
iOS 可能 可能
PC 可能

再生方式に関しては以下のテーブルに分かりやすくまとめておきます。

変更前
端末\再生方式 ダウンロード ブラウザ
Android
iOS
PC
変更前
端末\再生方式 ダウンロード ブラウザ
Android
iOS
PC

iOS端末でダウンロード再生が可能となり、Android端末でブラウザ再生が可能となりました。残すのはPCのダウンロード再生のみ。これも今後の改良で期待したいですね。

取り扱っている書籍

量が多いため代表的なものだけ記載しています。

少年コミック 少女コミック 青年コミック
女性コミック 文芸小説 SF小説
ミステリー小説 ライトノベル ティーンズノベル
ガールズラブ フルカラー 童話・昔話
アニメ化・実写化原作 料理・グルメ ティーンズラブ
コミック誌 レディースコミック ホラー
歴史・時代小説 経済・社会小説 古典文学
雑誌 実用書 写真集

BL(ボーイズラブ)は取り扱っていません。BLをお求めの方は、絶大な安定性を誇る『コミックシーモア』がおススメです♪

読み放題プランとアラカルトプラン

読み放題は月額課金するだけで4万冊の本が自由に読めるようになります。アラカルトは一冊ずつ本を購入する方式です。

読み放題プランに自分が読みたい書籍が沢山あればアラカルトは必要ないと思いますし、読み放題にない書籍が読みたい方はアラカルトを選択してくださいね。

私ならアラカルトはキリがないので、読み放題プランで妥協します(笑)

  読み放題 アラカルト
料金 月額562円 1冊毎に異なる
取扱冊数(Android) 40,000冊 300,000冊 
取扱冊数(iOS、パソコン) 40,000冊  300,000冊 
取扱いジャンル コミック、雑誌、小説、実用書

期間限定無料作品

無題

ブックパスは、期間限定で無料の作品を大量に読むことが出来ます。無料期間は書籍によって異なるので、気になる作品があったら無料配信期間がいつまでなのか確認しておきましょう。

無料作品は、課金することなくauIDを取得後ログインするだけで読むことが出来ます。

キャンペーンの一例

無題

過去に行われたキャンペーンの1つに『春の大還元際』というものがありました。

春の大還元際は、読み放題プランに入会中の方限定で、アラカルト購入で使える1,500円分のポイントがプレゼント。さらにアラカルト購入すると全品30%ポイントが還元される。

こういったキャンペーンが頻繁に行われているため、上手く活用していくと書籍が沢山購入できるようになりますよ!

対応機種について

数が多すぎるため、ここではiOS、対応ブラウザ、対応OSのみまとめておきます。

●iOS

  • iPhone 4S(iOS5.1以上)
  • iPhone 5
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPad mini
  • iPad(iOS6.0以上)
  • iPad Pro

●対応ブラウザ

  • Internet Explorer 10、11
  • Microsoft Edge 最新バージョン
  • Chrome 最新バージョン
  • Safari 最新バージョン
  • Firefox 最新バージョン

●対応OS

  • Windows 7 以降
  • Mac OS X 10.9 以降

それ以外の対応機種を知りたい方は以下のリンク先を確認してください。

>> 対応機種一覧へ

ブックパスはauIDを持っている人だけ

これがブックパスを利用する上での一番のデメリットです。

KDDI側がどういった考えでサービスを提供しているのかはわかりませんが、auのサービスを利用している人だけに使ってもらおう。という考えであれば、今後もこの状態が続いていくと思います。

他の電子書籍サイトのように、メールアドレスやGoogle、Yahoo!などの外部アカウントで登録きるようになれば、ブックパスの利用者も多くなると思うのですが、限られた人しか使えないのは素直に残念です。

個人的な感想

ブックパスはリニューアルによって、料金体系の選択肢が増え、ボーナスコインがグッとアップします。今まで入会して利用していた人は何だったのか。というくらい優良なサービスに進化します。

運営会社はKDDIなので、今後もサービスがどんどん改良されていき、安定性が高まっていくと思われます。

ですが、よくない部分もあります。

それはauIDを持っている人でないと利用することが出来ないというところです。auIDを持っていなければログインして無料の作品も読むことが出来ません。

現状だと、ブックパスを利用したいならauサービスを利用してね。と言わんばかりの対応に思えてしまいます。

2015年12月時点で、日本国内でのau携帯電話のシェア率は29%なので、70%以上の方は他の電子書籍サービスを使うしかありません。

auIDを持っている持っていないに関わらず、電子書籍サイトを初めて利用するならコミックシーモアの方がおススメです♪

コミックシーモアは7日間無料で有料サービスが利用できるため、1冊、2冊でいいから読みたい本がある。という方は迷わず登録すべきです^^

★以下の記事でコミックシーモアをお得に利用する方法を詳しくまとめています。

>> コミックシーモアの危険性、評判、評価について

B98U3TIFDJ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

STU

当サイトではお小遣いサイト(ポイントサイト)に関連する情報を、基本的に毎日記事を更新していますが、私情で更新できない日もありますので、予めご了承頂ければと思います^^