ポイントインカムの換金方法と手数料一覧

8LPNOTHU43

ポイントインカムはサブサイトとメインサイトの中間くらいでまずまず活躍してくれています。何と言っても友達紹介が優秀ですし、お買い物保証制度で手堅く利用できるショッピングも魅力的です。

でもなかなか稼げていない人もいるんじゃないかな。と思います。

やはりクリックや簡単なゲームだけで貯めるのであれば、げん玉やモッピーが上位の存在ですので、この2つを既に利用されている方は、ポイントインカムは稼ぎにくい。と感じるかもしれません。

ここでは、最速で最低換金額に到達した方法や換金方法などを詳しくまとめていきます。

最速で最低換金額に到達した方法

私が最低換金額に到達した方法は、成人の方であれば誰もが実践可能です。ズバリクレジットカードの広告を利用しました。

クレジットカードと聞いただけで危ないと決めつける人もいますが、それは大きな間違えです。

今の時代クレジットカードの1つや2つ持っていないと逆に困ってしまいます。ネットショッピングや月額課金の動画サイトでも、銀行振り込みに対応しておらず、クレジットカード払いのみ対応していることもよくあります。

10枚、20枚と作る必要はありませんが、1人1枚持っていて損はありません。

無題

クレジットカードを持っているだけで年会費とか発生するんじゃないの?と思われている方もご安心ください。年会費、入会費が一切かからないクレジットカードを発行すれば良いだけです^^

クレジットカードの種類によって貰えるポイントは大きく変動しますので、入会費、年会費がかからないもので、一番還元率が高いものを選択すると良いでしょう。

例えば2016年1月31日時点なら、楽天カードが120,000ポイント、PARCOカードが100,000ポイントと限定で貰えるポイントが増量していますのでおススメです!

ポイントインカムのポイントレートは10ポイント=1円ですので、クレジットカードを発行するだけで、1万円以上稼げることが理解頂けたと思います。

アルバイトやパートでも、お仕事をしていれば作れるカードが沢山ありますので、正社員じゃないから・・・と諦めるのはもったいないですよ^^

換金手数料

ここではポイントの交換先や換金にかかる手数料をまとめています。ポイントインカムは、他のポイントサイトにはない珍しい交換先があるので魅力的です。

交換先 交換予定日 交換手数料 交換レート
(最低換金額)
ゆうちょ銀行 2営業日 1,000pt 6,000pt⇒500円
各種銀行 2営業日 1,600pt 6,600pt⇒500円
三菱東京UFJ銀行 2営業日 1,600pt 6,600pt⇒500円
三井住友銀行 2営業日 1,600pt 6,600pt⇒500円
みずほ銀行 2営業日 1,600pt 6,600pt⇒500円
りそな銀行 2営業日 1,600pt 6,600pt⇒500円
楽天銀行 2営業日 500pt 5,500pt⇒500円
ジャパンネット銀行 2営業日 無料~500pt 5,500pt⇒500円
iTunesギフトコード 翌営業日 無料 5,000pt⇒500円
Vプリカ 翌営業日 無料 5,000pt⇒500円
WebMoney 翌営業日 無料 5,000pt⇒500円
GooglePlayコード 翌営業日 無料 30,000pt⇒3,000円
DMMプリペイドカード 翌営業日 無料 20,000pt⇒2,000円
Amazonギフト券 翌営業日 無料 10,000pt⇒1,000円
楽天Edy 翌営業日 無料~500pt 5,500pt⇒500円
nanacoギフト 翌営業日 無料~500pt 5,500pt⇒500円
Tポイント 最大14営業日 無料 5,000pt⇒500円
ニンテンドープリペイドカード 翌営業日 無料 10,000pt⇒1,000円
モバコインカード 翌営業日 無料 20,000pt⇒2,000円
PeX 2営業日 無料 5,000pt⇒500円
ニッセンお買物券 最大3週間 無料 5,000pt⇒600円
JALマイレージバンク 翌月中旬頃 無料 30,000pt⇒100マイル
ドットマネーbyAmeba リアルタイム 無料 10,000pt⇒1,000円

交換手数料がやや高めに設定してあるのが痛手ですが、で電子マネーやギフト券の充実度はポイントインカムに勝てるところはないでしょう。

ニンテンドープリペイドカード、GooglePlayコード、DMMプリペイドカードに対応しているので、オンラインで課金したい方も重宝するはず。

そして何気にニッセンのお買い物券が魅力的です。

5,000ptが600円になっているので100円分のポイントがタダで貰える計算です。ニッセンでお買い物する方限定ですが、利用する価値は十分あります。

交換が完了するまでの日数も早いので、ポイントを換金する際にイライラするとしたら、手数料と最低換金額くらいでしょうか。

最低換金額は、モッピーの300円、ポイントタウンの100円に比べたら、敷居が高く感じてしまいます。私のようにクレジットカードなどの高額ポイントが貰える広告を利用するなら関係なしなんですけどね^^

換金方法

ここでは、ポイントインカムで貯めたポイントを換金する手順を、画像付きで詳しく解説していきます。

まずは『ポイントインカム』にアクセスしてください。

無題

トップページにログインしましたら、右上にある『マイページ』をクリックしてください。

無題

マイページに移動しましたら、左サイドバーにあるマイカテゴリーから『ポイント交換』をクリックしてください。

無題

お好みの交換先を選択し『ポイント交換』をクリックしてください。今回は三菱東京UFJ銀行を選びました。

無題

交換先のページに進みましたら、以下の項目を上から順に埋めていきましょう。

  • 交換ポイント
  • 銀行名
  • 支店コード
  • 口座番号
  • 口座名義

ポイントインカムは、交換するポイントを細かく指定することが出来ない代わりに、以下の金額から選択することが可能です。

  • 500円
  • 1,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

どの金額でも手数料は1,600pt(160円)です。

全て入力が終わりましたら、個人情報の取扱いに同意し確認画面へをクリックして、次のページに進みましょう。

内容に沿って入力していない場合は正しく振り込みが行われないことがあります。指定出来る口座は普通口座のみとなり、口座名義の登録は全角カタカナで入力してください。
無題

銀行名、支店コードなど入力した情報に間違いがなければ『申請』を選択してください。修正したい場合は『戻る』を選択します。

無題

最後に秘密の質問とその答えを入力して『申請完了』をクリックしてください。

秘密の質問を忘れた方は『こちら』からポイントインカムに直接お問い合わせしてください。
無題

秘密の質問と答えが正しければ、交換申請を受け付けしました。という文章が表示されます。

無題

念のため、ポイントインカムから送られてくる交換申込み受付のお知らせのメールに目を通しておきましょう。

ポイント交換完了までには2営業日の時間がかかります。即日に振り込みは行われないのと、土日祝日は営業日に含まれませんので注意してくださいね。

最後に

ポイントインカムの換金は良いところもあり、あまり良くないな。と思うところもありました。

  • 交換先が充実している
  • 交換完了までの日数が短い

この2つがとても魅力的です。

せっかく貯めたポイントなのになかなか現金化出来なかったらモチベーションも失われてしまいますからね。

それと先程も紹介しましたが、GooglePlayギフトコード、DMMプリペイドカードなどの電子マネーに対応しているポイントサイトはポイントインカムだけです。現金にしてコンビニに足を運んで電子マネーを購入する手間がなくなるのは有り難いです^^

その一方で、、

  • 手数料が高い
  • 換金額指定されている

この2つは完全なデメリットに感じました。

現金化する時に一度に換金できるのは10,000ポイントまでなので、沢山ポイントを貯めている人ほど手数料で損することになってしまいます。ドットマネーを使ってポイントを合算する手段もありますが、正直面倒ですよね。

このデメリットを克服しているのは『モッピー』と『ポイントタウン』です。モッピーは現金化の際に手数料は発生しますが、ポイントインカム程ではありませんし、換金額はこちらで自由に決めることが出来ます。

ポイントタウンは楽天銀行で換金を行えれば、手数料が無料になりますので、貯めたポイントが無駄になることはありません^^

どちらも上場企業が運営しているポイントサイトなので、誰でも安心して利用することが出来るのでとてもおススメです♪

★以下のバナーから『モッピー』の登録ページに進めます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

★以下のバナーから『ポイントタウン』の登録ページに進めます。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
8LPNOTHU43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

STU

当サイトではお小遣いサイト(ポイントサイト)に関連する情報を、基本的に毎日記事を更新していますが、私情で更新できない日もありますので、予めご了承頂ければと思います^^