スクリーンショットのやり方|Windows、Mac、iPhoneなど

47c2a67b21ebcb67d9236a06d2370ae3_m

今やビジネスシーンでかかすことが出来ないのがスクリーンショットですね。

自宅だけでパソコンを使う人も、外で自由にノートパソコンを弄る人も、私のように記事を書く人にとって絶対になくてはならないものです。

スクリーンショットが活躍するシーンは様々ですが、サイトで何かのやり方を画像付きでまとめたりする時に真価を発揮します。ですが、まだ一度も使ったことがない。または、有効活用したことがない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、Windows、Mac、iPhone、Android、のスクリーンショットのやり方をまとめました。後半では、便利な無料ソフトを紹介していますので、合わせてご覧ください。

スクリーンショットのやり方

Windowsシリーズ(XP、Vista、7、8、10)

  1. 画面全体を取り込むやり方 PrintScreenキー
  2. 作業中ウィンドウを取り込むやり方 Altキー+PrintScreenキー

Windowsはいまだ世界で圧倒的なシェア数を誇っているので、国内でもMacよりもWindows派の人が多いですよね。

『PrintScreenキー』は、キーボードの一番上の列にあるのですぐに見つかると思います。

キーボードの配置はそれぞれに異なりますが、参考までに私が使っているキーボード(Logicool製K520/MK520)の場合、十字キーの『←』をそのまま上に辿っていき『Insaetキー』の上にありました。

『Altキー』は通常のキーボードであれば左右に2つあるので、臨機応変に使い分けてください。

作業中ウィンドウを取り込むときは、必ずスクリーンショットしたいウィンドウをマウスクリックなどで、指定しておくことを忘れないでください。

取り込んだ後にすべきこと

取り込んだ後は、必ずペイントに貼り付けてください。そのままではバッググラウンドにコピーしてあるだけなので、何も出来ません。

0c2730ee83cfedfa92fc2f390f29c4cf

ペイントはスタートボタンまたは『Windows(ロゴ)』キーを押してください。

無題

次に『全てのプログラム』をクリックしてください。

無題

スクロールしていくと、『アクセサリ』というフォルダあるのでクリックしてください。

無題

フォルダを開いたら、ペイントをクリックしてください。

無題

ペイントを開いたら、右上の『貼り付け』またはキーボードの『Ctr』+『V』でスクリーンショットした画像を貼り付けてください。今回は、Yahoo!JAPANトップページのキャプチャをしました。

貼り付けた画像は、キーボードの『Ctr』+『S』で名前を付けて保存できるので、分かりやすくデスクトップなどに保存しておきましょう^^

Windows(Snipping Tool)

通常は先ほど挙げた方法でスクリーンショットをする人が多いですが、実はWindowsには、もっと使いやすいツールが標準装備されています。

Snipping Toolというツールでスタートの検索から『Snipping Tool』と検索するとすぐに出てきます。このツールを使えば、先程行ったスクリーンショットから貼り付けまでの仮定を、全てショートカットすることが出来ます。

Mac

  1. 画面全体を取り込む Commandキー+Shiftキー+3キー
  2. ウィンドウのスクリーンショット Commandキー+Spaceキー+4キー
  3. ドラッグで選択した部分の取り込み Commandキー+Shiftキー+4キー

Windowsと違って、全てのスクリーンショット機能が、3つのキーを使わないと出来ないので、慣れないうちはどれだっけ?と忘れてしまいそうですね。

MacにもPrintScreenボタンがあればいいのですが、ペイントを併用する必要ないので、手間がかからないのは嬉しい。撮影した画像はデスクトップにPNG形式で保存されます。

iPhone

  1. スリープ/スリップ解除ボタン+ホームボタン

iPhoneのスクリーンショットは選択範囲の指定は出来ず、画面全体を撮影してくれるものです。知り合いに今いる場所を地図で送ったり、文章や口で説明するのが面倒な時に撮影して送ったりすると便利です。

何も2つ同時に押す必要はないので、慣れない内はスリープボタンを押しながらホームボタンを押すと上手くいきますよ。撮影した画像はカメラロールに保存されています。

iPhoneに限らず、スマートフォン(携帯電話)の弱点は、シャッター音を消すことが出来ないところですよね。脱獄すればシャッター音を消すアプリがありますが、実は脱獄しなくてもスクリーンショットのシャッター音を消すことが出来ます。

まずは、マナーモードまたはサイレントモードにしてください。ですが、この操作をしたところで、シャッター音が消えることはないですよね。

次にミュージックアプリを開き、音量をゼロにして何の曲でも良いので、音楽を再生します。

最後にホームボタンに戻り、自分が撮りたい画面をスリープボタン+ホームボタンを押して、スクリーンショットをすると音が鳴らなくなります。

現状この方法で通用しますが、アップデートなどで使えなくなるかもしれないので、必ず誰もいない場所で試してから実践してください。

Android(アンドロイド)

  1. 電源ボタン+ホームボタン
  2. 電源ボタン+音量キーの小を同時長押し
  3. 電源ボタンを長押し→ホームボタン

iPhoneと同じく画面全体の撮影になります。アンドロイドは端末やOSによって、スクリーンショットの操作方法が異なるので注意してください。

XperiaでAndroidのバージョンが4.4以上であれば、スマートフォンの音量を0にしてサイレンモードにすれば、シャッター音を消すことが出来ます。

スクリーンショットはあくまで画面の中を撮影するものなので、電車内で、スクリーンショットをして周りから注目を浴びたり、盗撮などで厄介になりたくないですよね。

スクリーンショットが出来る無料ソフト

通常の機能ではちょっと物足りない人、もっとシンプルなスクリーンショットを使いたい人は、絶対に満足すること間違いなしの、無料ソフトをまとめました。

Gyazo

無題

全世界で1000万を超える人が愛用しているキャプチャソフトです。このソフトを使ったら普通のスクリーンショットに戻れなくなりました。

使い方はめちゃくちゃ簡単ですが、まずは『こちら』から『今すぐダウンロード』をクリックして、Gyazoをダウンロードしましょう。

アイコンをダブルクリックしてから次へを押すだけでインストールが完了です。GyazoとGyazo GIFが一緒にインストールされますが、作業を効率化するだけなら、Gyazoだけで十分です。

Gyazoのアイコンをクリックすると、マウスカーソルが十字に切り替わるので、スクリーンショットしたい範囲を決めてください。範囲を決めると『カシャ!』というシャッター音がなるので、インターネットブラウザが開き、撮った画像が表示されます。

Gyazoは、過去に撮った画像を暫く保管してくれるので、間違えて消してしまっても、慌てる必要はありません。

⇒ Gyazoへ

PettyCamera 1.5

無題

Windows2000からWindows8まで、動作確認済みのスクリーンショットソフト。動作は確認していませんが、Windows10でも問題なく動くと思われます。

画質の設定を細かく設定出来たり、画像の拡張子をJPEG、BMP、GIF、PNGから選択できます。Gyazoよりもインストールが簡単で初心者でもすぐに使えますし、オフライン利用も可能です。

一部撮影が上手くいかないツールやソフトがあるようですが、これに関してはどのソフトも共通なのでしょうがないですね。

PettyCamera 1.5へ

SnapCrab for Windows

無題

Windowsのみに対応している高機能なスクリーンショットソフト。

PNG、JPEG、GIFの拡張子に対応していて、マウスカーソルが、撮影した写真の中に入っていても、事前の設定消すことが機能、ウィンドウ全体をキャプチャする機能などがあります。インストール後、PrintScreenキーを押すと、『Snap Crab』に切り替わっているのが分かると思います^^

SnapCrab for Windowsへ

SimpleCap

47c2a67b21ebcb67d9236a06d2370ae3_s

SimpleCapはMac専用のキャプチャツール。メニューがシンプルな割にキャプチャに必要な機能は全て揃っています。タイマーセット機能、メニューバーだけ撮影したり、不必要であればデスクトップアイコンやウィンドウの影を消すことも可能です。

2010年3月22日が最終リリースとなっていますが、最新のOSでも使えるので、Mac愛用者なら必ず入れて欲しいです。

SimpleCapへ

skitch

無題

SkitchはWindowsやMacだけではなく、スマートフォンでの利用が可能なキャプチャツールです。通常撮った写真をまた専用のツールで、色や文字を付け加える必要があり、手間がかかりますよね。

ですがSkitchでは、撮影した写真に矢印や文字で注釈を付け加えることが出来ます。さらに完成した画像は、SNSなどに簡単に共有できるのでめっちゃ便利ですよ^^

skitchへ

最後に

既存のスクリーンショット機能を使っても全然良いのですが、満足できなかったら、無料ソフトを検討してみると良いですよ。

私はGyazoを使い始めて、本当に世界が変わったので、記事を頻繁に書かない人でも、スクリーンショットはどんどん活用して欲しいです。

Gyazoの弱点は画像共有サービスなので、インターネットが繋がっていないと、使いものにならなくなってしまうところです。オフラインでも使えるようになったら無敵なんですけどね。

47c2a67b21ebcb67d9236a06d2370ae3_m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

STU

当サイトではお小遣いサイト(ポイントサイト)に関連する情報を、基本的に毎日記事を更新していますが、私情で更新できない日もありますので、予めご了承頂ければと思います^^